茨城県社会福祉協議会(通称「県社協」)では、地域の人々や機関・団体との連携を図り、誰もが人として尊厳を持って、住み慣れた家庭や地域の中で、その人らしく自立し、社会参加を行いながら、安心して暮らせる福祉社会づくりに取り組んでいます。

MENU

福祉教育実践事例

福祉教育実践事例

福祉教育実践事例

1 現場で使える福祉教育のすすめ

『現場で使える福祉教育のすすめ』は、平成23年度から検討・協議を重ねてきた「志民の学び縁卓会議」(福祉教育推進に関する調査研究事業)による、県内における「福祉教育の取り組みに関する調査報告書」(平成24年度)及び「福祉教育の取り組みに関する調査分析結果報告書」(平成25年度)の結果を受け、今後の福祉教育の推進に活用していただきたくことを目的として作成しました。

実践事例(11事例)は、こちらからご確認いただけます。→ 「現場で使える福祉教育のすすめNo1~No11」PDF
※他資料については直接、茨城県社会福祉協議会へお問い合わせください。

2 福祉教育協力学区指定事業活動報告書

福祉教育協力学区指定事業は、学校を含めた地域社会や家庭が協働して、子どものときからボランティア活動等を通して社会福祉への理解と関心を高め、助け合い活動を育む福祉教育を推進していくことを目的に実施しました。
※この事業は平成28年に終了しました。

活動報告書は、こちらからご確認いただけます。※リンク先につながります。

 

社会福祉法人 茨城県社会福祉協議会 ボランティアセンター
〒310-0851 水戸市千波町1918県総合福祉会館2階
電話番号:029-243-3805 FAX番号:029-241-1434

地域福祉関連活動

地域福祉関連活動