茨城県社会福祉協議会(通称「県社協」)では、地域の人々や機関・団体との連携を図り、誰もが人として尊厳を持って、住み慣れた家庭や地域の中で、その人らしく自立し、社会参加を行いながら、安心して暮らせる福祉社会づくりに取り組んでいます。

MENU

(公財)みずほ教育福祉財団 第15回「配食用小型電気自動車寄贈事業」(平成29年度)応募要領 平成29年6月9日(金)〆切

(公財)みずほ教育福祉財団 第15回「配食用小型電気自動車寄贈事業」(平成29年度)応募要領 平成29年6月9日(金)〆切

事業名

第15回「配食用小型電気自動車寄贈事業」(平成29年度)

助成団体・申込書送付先

財団法人 みずほ教育福祉財団
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-5 みずほ銀行内
TEL:03-3596-4532 FAX:03-3596-3574
E-mail:FJP36105@nifty.com

趣旨

高齢化社会を迎え、地域の住民による主体的な福祉活動の重要性が、一段と高まってます。とりわけ、高齢者を対象とした配色サービスは、声掛けを通じた友愛活動を兼ねていることから、極めて、意義深いものがあります。 みずほ教育福祉財団では、高齢者を対象とした福祉活動を支援するため、みずほフィナンシャルグループ役職員からの募金を主な原資として、高齢者向けに配食サービスを行っている民間団体に対し、配食用小型電気自動車(愛称:みずほ号)の寄贈を行います。

応募内容

1.助成内容
①助成金額:100万円(配食用小型電気自動車1台分)※
 ②事業規模:10台分(10グループ)(予定)
 ※助成が決定したグループにおいては、当財団からの助成金により、指定業者から購入頂きます。助成金額は車両本体の他、車両登録費、ロゴ費用等を含む購入代金相当額です。
2.配食用小型電気自動車(みずほ号)について
 トヨタ車体(株)製の車両をベースとした配食用小型電気自動車(1人乗り用)となります。
 寄贈の車両には「みずほ号」・「みずほ教育福祉財団寄贈」・「団体名」のロゴが記載されます。寄贈後の車体のロゴの変更には、当財団の許可を要するものとします。

助成対象

以下の3つの条件を満たすグループ
なお、反社会的勢力、および反社会的勢力に関係すると認められる団体からの申請は受けられません。
① 高齢者を主な対象とし、原則として、1年以上継続して、週1回以上、調理、家庭への配食・友愛サービスを一貫して行っていること
②法人(非営利活動法人、公益財団、出資持分のない医療法人、公益法人等)・任意団体を問わず、非営利の民間団体であること。ただし、実施している配給食サービスがすべて行政等からの受託であるた団体の場合は当該部門の営業利益が黒字ではないこと。
③現在の活動を継続するにあたって、配食用の車両が不足しており、本寄贈によって、運営の円滑化が見込まれること。

応募締切日

平成29年6月9日(金) (当日消印有効)
 

問い合わせ・申請用紙請求先

①都道府県・政令指定都市社会福祉協議会、または当該域内の市区町村の社会福祉協議会
②全国老人給食協力会 事務局
 TEL:03-5426-2547,FAX:03-5426-2548,E-mail:info@mow.jp
③応募要領・申請書の様式は、(平成29年3月~)同財団ホーム ページ(http://www.mizuho-ewf.or.jp)から、様式(PDF形式)を印刷することが可能です。
 

地域福祉関連活動

地域福祉関連活動