茨城県社会福祉協議会(通称「県社協」)では、地域の人々や機関・団体との連携を図り、誰もが人として尊厳を持って、住み慣れた家庭や地域の中で、その人らしく自立し、社会参加を行いながら、安心して暮らせる福祉社会づくりに取り組んでいます。

MENU

社会福祉事業従事者研修

社会福祉事業従事者研修

 

社会福祉事業従事者研修事業のご案内

社会福祉事業従事者研修事業は、現に社会福祉施設・事業所等に従事する役職員の資質の更なる向上を図るため、職種別・階層別にさまざまな研修を実施します。

新任職員研修

福祉従事者としての意識を持ち、福祉の理念や職場のルールに沿った活動を行うための職務遂行上の心がまえを理解するとともに、社会福祉に関する基礎的知識及び技術を習得する研修。

中堅職員研修

 実務遂行の中心となる中堅職員としての意識・役割を理解するとともに、専門性の向上を図り、高度な業務を行うために必要な知識及び技術を習得する研修。

チームリーダー研修

 チームリーダーとして、部下や後輩職員をまとめて業務を推進していく役割を学び、よりよいチーム作りを目指す研修。

管理代表者研修

サービスの質の向上や効果的・効率的な運営、人材育成等についても明確なビジョンを持ち、積極的に運営努力を図る姿勢を身に付けるとともに、運営管理者として必要な知識及び技術を習得する研修。

専門研修

多様化する社会福祉施設の各種職員別に、業務上必要な専門的知識及び技術を習得するための研修。

特別研修

上記の他に、特にタイムリーに求められる知識及び技術を修得するための研修。

「社会福祉従事者研修」の募集中の実施要項、申込状況、実績などがご覧いただけます。

 

 

福祉の仕事・研修