茨城県社会福祉協議会(通称「県社協」)では、地域の人々や機関・団体との連携を図り、誰もが人として尊厳を持って、住み慣れた家庭や地域の中で、その人らしく自立し、社会参加を行いながら、安心して暮らせる福祉社会づくりに取り組んでいます。

MENU

介護支援専門員(ケアマネジャー)

介護支援専門員(ケアマネジャー)

介護支援専門員は、要介護者等からの相談に応じ、その希望や心身の状況から適切な在宅又は施設のサービスが利用できるように市町村、事業者、施設等との連絡・調整、介護サービス計画の作成などを行う専門職です。
介護支援専門員になるには、要介護者等が自立した日常生活を営むための必要な援助に関する専門的な知識・技術をもつことが条件となります。具体的には、医師、保健婦(士)、看護婦(士)、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士等をはじめとする保健医療サービス・福祉サービスの従事者のうち、一定の実務経験があり、介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、かつ、介護支援専門員実務研修の課程を修了し、都道府県知事が作成する介護支援専門員名簿に登録されることが必要です。

介護支援専門員実務研修受講試験受験資格

  1. 次の国家資格等を有する者で、実務経験が5年以上かつ900日以上の者
    医師、歯科医師、薬剤師、保健婦(士)、助産婦、看護婦(士)、准看護婦(士)、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士含む)、精神保健福祉士
  2. 法令等に基づいて相談業務に従事する者で、実務経験が5年以上かつ900日以上の者
    1. 施設等において必置とされている相談援助に従事する者
    2. 法律に定められた相談援助業務に従事する者
    3. 医療機関において医療社会事業に従事する者及び指定居宅サービス事業者等において相談援助・連絡業務に従事する者で社会福祉主事任用資格を有する者又は訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修2級課程に相当する研修を修了した者
    4. その他老人福祉施設等の施設長で社会福祉主事任用資格を有する者又は訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修2級課程に相当する研修を修了した者
  3. 法令に基づいて介護などの業務に従事する者
    1. 社会福祉主事任用資格を有する者又は訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修2級課程に相当する研修を修了している者で実務経験が5年以上かつ900日以上の者
    2. 社会福祉主事任用資格を有しない者又は訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修2級課程に相当する研修を修了していない者で実務経験が10年以上かつ1800日以上の者

茨城県で受験できる者

  1. 受験資格を有し、現に県内で受験資格対象の業務に従事している者
  2. 過去の実務経験により受験資格を有し、住所地が県内にある者
【介護支援専門員についての問合せ先】

茨城県保健福祉部長寿福祉課介護保険室
電話番号:029-301-3332
社会福祉法人 茨城県社会福祉協議会
福祉人材・研修部
電話番号:029-244-4544

福祉の仕事・研修

福祉の仕事・研修