茨城県社会福祉協議会(通称「県社協」)では、地域の人々や機関・団体との連携を図り、誰もが人として尊厳を持って、住み慣れた家庭や地域の中で、その人らしく自立し、社会参加を行いながら、安心して暮らせる福祉社会づくりに取り組んでいます。

MENU

児童指導員任用資格

児童指導員任用資格

児童福祉施設のほとんどに置かれている児童指導員の任用に伴って求められる資格です。児童指導員は児童養護施設、障害児施設などで生活する子どもたちを援助、育成する職種です。また、関連する職種として児童自立支援施設(従来の教護院)に児童自立支援専門員(従来の教護)が配置されています。
児童指導員の職場は、児童養護施設、虚弱児施設、母子生活支援施設、知的障害児施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設、盲ろうあ児施設、障害児関係の通園施設、情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設(児童自立支援専門員)などです。
児童指導員になるには、次の資格要件のいずれかに該当することが求められます。

  1. 大学の学部で、心理学、教育学または社会学を修めて卒業した者
  2. 小学校、中学校または高等学校の教諭の資格をもつ者であって、厚生労働大臣または都道府県知事が適当と認定した者
  3. 児童相談員の養成校(全国で4ヶ所)を卒業した者
  4. 高等学校を卒業した者であって、2年以上児童福祉事業に従事した者
  5. 3年以上児童福祉事業に従事した者であって、厚生労働大臣または都道府県知事が適当と認定した者

※「任用資格」とは
その職に就くために国が定めた基準のことをいいます。上記1~5のいずれか一つを満たしていれば任用資格に該当し、有資格者として認められます。一般的には卒業証明書や成績証明書で確認をしますので、特別な試験を受けたり資格証明書が発行されるものではありません。

福祉の仕事・研修

福祉の仕事・研修