茨城県社会福祉協議会(通称「県社協」)では、地域の人々や機関・団体との連携を図り、誰もが人として尊厳を持って、住み慣れた家庭や地域の中で、その人らしく自立し、社会参加を行いながら、安心して暮らせる福祉社会づくりに取り組んでいます。

MENU

視能訓練士(国家資格)

視能訓練士(国家資格)

視能訓練士は、見る機能(視能)に障害をもつ人に、機能回復のための視機能検査と視能矯正訓練を行う専門職です。
斜視や弱視などの視能障害の治療には、長期間にわたる矯正訓練が必要になります。視能訓練士は、医師が診断治療を行うための基礎検査を行い、医師と相談のうえで訓練プログラムを作成し、各種光学機器を使って矯正訓練を行います。
また、視能障害は早期発見、早期治療が大切なため、乳幼児に対する検査、診断に重点がおかれていますが、高齢社会に向け、老化や糖尿病などで視力の低下した人に対するリハビリテーション指導も増えてきています。
視能訓練士の職場は、多くが病院やリハビリテーションセンターなどの医療機関です。保健所、学校などに勤務している場合もあります。

【視能訓練士国家試験についての問い合わせ先】
厚生労働省医政局医事課試験免許室
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
電話番号:03-5253-1111

福祉の仕事・研修

福祉の仕事・研修