茨城県社会福祉協議会(通称「県社協」)では、地域の人々や機関・団体との連携を図り、誰もが人として尊厳を持って、住み慣れた家庭や地域の中で、その人らしく自立し、社会参加を行いながら、安心して暮らせる福祉社会づくりに取り組んでいます。

MENU

言語聴覚士

言語聴覚士

言語聴覚士は,音声機能,言語機能,聴覚に障害をもつ人に対し,専門的な訓練・指導を行い,機能回復や障害の軽減を図る専門職です。
言語聴覚士は,従来,言語療法士(ST:Speech Therapist)と総称され,いくつかの業界団体が認定していた資格でしたが,1997年(平成9年)12月に言語聴覚士法が制定され,厚生労働大臣の免許に位置づけられました。
言語聴覚士の職場は,リハビリテーション科・耳鼻咽喉科を中心とした病院・診療所,難聴幼児通園施設・聴覚言語障害者更生施設を中心とした社会福祉施設,保健所などです。難聴学級などの教育機関でも今後活躍することが期待されています。
言語聴覚士になるには,大学,短大,厚生労働大臣指定の言語聴覚士養成所などで言語聴覚士として必要な知識及び技能を修得し,国家試験に合格し,厚生労働大臣の免許を受けることが必要です。

【言語聴覚士国家試験及び指定講習会の問い合わせ先】

財団法人 医療研修推進財団
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-22-14 ミツヤ虎ノ門ビル4階
電話番号:03-3501-6515

福祉の仕事・研修

福祉の仕事・研修