茨城県社会福祉協議会(通称「県社協」)では、地域の人々や機関・団体との連携を図り、誰もが人として尊厳を持って、住み慣れた家庭や地域の中で、その人らしく自立し、社会参加を行いながら、安心して暮らせる福祉社会づくりに取り組んでいます。

MENU

福祉のお仕事(中央福祉人材センター)

福祉のお仕事(中央福祉人材センター)

福祉人材センターについて

?福祉人材センター・福祉人材バンクは、次の3つを柱に事業をすすめています。

詳しくは福祉人材センター・福祉人材バンクのホームページをご覧下さい。
【パソコンでご覧の方】 【携帯電話でご覧の方】

働きたい方と人材を求める方の橋渡し

働きたい方(求職者)と人材を求める方(求人者)を結びつける無料職業紹介事業が中心的な仕事になります。無料職業紹介事業のご利用・登録方法、紹介対象となる職種・職場の範囲等について、詳しくは「福祉の仕事を探そう」をご覧ください。
またそれだけでなく、幅広い人々に福祉への理解・関心をもってもらい、福祉の仕事に参加してもらえるように、福祉の仕事説明会(就職フェアなど)や再就労講習会、福祉講座(福祉入門講座、介護講座、施設体験など)も行っています。

福祉職場の人材確保の条件整備

各法人の求人活動の確立支援、職場内研修の推進、社会福祉士・介護福祉士等資格取得の推進、福祉職場のイメージアップ活動、人事・労務管理の確立支援、人材確保相談員による従事者の確保に関する相談活動などを通して、社会福祉法人・施設等の職場の条件整備をすすめています。

福祉従事者の資質向上の支援

訪問介護員(ホームヘルパー)等の養成研修、社会福祉士・介護福祉士・介護支援専門員等の資格取得準備講習、その他各県の実情に応じてさまざまな研修事業を行い、福祉従事者の専門性の向上を図るために必要な支援を行っています。

福祉の仕事・研修

福祉の仕事・研修