茨城県社会福祉協議会(通称「県社協」)では、地域の人々や機関・団体との連携を図り、誰もが人として尊厳を持って、住み慣れた家庭や地域の中で、その人らしく自立し、社会参加を行いながら、安心して暮らせる福祉社会づくりに取り組んでいます。

MENU

e-ナースセンター(日本看護協会中央ナースセンター)

e-ナースセンター(日本看護協会中央ナースセンター)

日本看護協会中央ナースセンターについて

中央ナースセンターは、1992年に「看護師等の人材確保の促進に関する法律」に基づき設置され、厚生労働大臣の指定のもと、社団法人日本看護協会が運営しています。中央ナースセンターは、47都道府県のナースセンターの中央機関としての役割を持ち、下記の6つの事業を柱に運営しています。

詳しくは日本看護協会中央ナースセンターのホームページをご覧下さい。

ナースセンター事業に関する広報活動

e-ナースセンターでは、就職を考えている看護職、キャリアアップを考えている看護職、再就職を考えている看護職が適切な職場を探すことができる情報や、看護職を採用する求人施設に対し、働き続けられる職場づくりのための情報を提供しています。

看護職員の就業動向等に関する調査

e-ナースセンターの登録データに基づく潜在看護職員の就業意向の把握、および求人条件と就業条件ならびに紹介・就職状況を分析します。また、訪問看護ステーション等における看護職員の人材確保状況を調査します。これらの結果は報告書にまとめ、各都道府県ナースセンターや関係機関などに資料として提供します。

訪問看護を推進させるための調査・連絡調整

各都道府県ナースセンターにて実施されている訪問看護師養成講習会や、在宅ケア・訪問看護に関する研修会の実施状況を調査し、まとめた結果を各都道府県ナースセンターや関係機関などに資料として提供します。

看護関連情報の提供

e-ナースセンターでは「看護学校情報」で全国の看護師等学校養成所がご覧になれます。また進学に対する相談にも対応しています。

コンピュータシステムの運用

e-ナースセンターを管理・運用しています。

都道府県ナースセンターとの連絡調整

ナースセンター担当者会議の開催など、都道府県ナースセンターの円滑な運営を支援しています。

福祉の仕事・研修

福祉の仕事・研修