茨城県社会福祉協議会(通称「県社協」)では、地域の人々や機関・団体との連携を図り、誰もが人として尊厳を持って、住み慣れた家庭や地域の中で、その人らしく自立し、社会参加を行いながら、安心して暮らせる福祉社会づくりに取り組んでいます。

MENU

福祉のまちづくり推進部

福祉のまちづくり推進部

誰もが住み慣れた地域で、その人らしく、安心していきいきと暮らせることができる「福祉のまちづくり」を推進します。

市町村社会福祉協議会の支援

市町村社協との連携に基づく、福祉コミュニティづくりを推進します。

  • 市町村社協との協働
  • ふれあい・いきいきサロンの普及

はんどちゃんネットワーク運動の推進

地域住民との協働による福祉活動を推進します。

  • はんどちゃん運動の広報・啓発
  • 県民のはんどちゃん運動への参加促進

詳しくは、はんどちゃんネットワーク運動をご覧ください。

福祉教育の推進

地域社会・学校などとの協働による福祉教育を推進します。

  • 児童・生徒の福祉教育の推進
  • 体験器具の貸し出し

ボランティア活動への参加促進

多様化するボランティア活動の支援やコーディネーターの資質向上を推進します。

  • 市町村ボランティアセンターへの支援
  • ボランティア活動支援の充実

【ボランティアセンター】 電話番号:029-243-3805
詳しくは、ボランティア情報をご覧ください。

市民活動団体との協力・連携

市民活動団体との連携を進め、地域の多様な課題解決に取り組みます。

  • 市民活動団体への支援
  • ボランティア・市民活動シンポジウム等の開催

災害時に対応した支援体制の整備

災害発生後の福祉救護・ボランティア活動が迅速かつ円滑に実施できるよう、被災地支援活動の体制づくりを進めます。

  • 防災ボランティアの養成
  • 防災ボランティア活動拠点の資機材の整備