令和3年度ふるさとふくしま作品展

茨城県社会福祉協議会では、福島県からの委託事業として平成27年7月から、福島県復興支援員を設置しています。支援員は東日本大震災を機に福島県から茨城県に来られた方々を戸別訪問させていただいております。令和3年度は、令和2年度に続き新型コロナウィルス感染症拡大防止のために、支援員の戸別訪問を減らし、電話で生活の様子を聞かせていただきました。

今までの訪問の折、様々な手作り品を拝見しながらふるさとへの思いを垣間見せていただきました。コロナ禍で人と交流する機会が少なくなりましたが、少しでも誰かと誰かが”つながる”ことを願って、当社協ホームページ上に作品を掲載させていただきます。

 

【ふるさとふくしま作品展の問合わせ先】

社会福祉法人茨城県社会福祉協議会 福島県復興支援員
TEL  : 080-8083-7909(月~木 9:00~17:00)
E-mail: kibitan3@yahoo.co.jp

(令和5年2月28日まで掲載予定)

出展者と作品(五十音順・敬称略)

今福 いち子(浪江町出身、東海村在住)

震災後、実家の郡山に1ケ月、棚倉町に3年避難してその後娘達のいる東海村に居住して8年目になります。

続きを読む

宇名根 幸夫(双葉町出身、稲敷市在住)

私は毎日何するとなく過ごしています。つくばの双葉町婦人学級、月一回の集まりを楽しみにしている。パッチワーク教室…

続きを読む

遠藤 八重子(双葉町出身、石岡市在住)

作品を作っていると時間が経つのを忘れます。最近は目を休めるため、夜10時以降は細かい作業をやらないようにして…

続きを読む

大島三七子(富岡町出身、守谷市在住)

代替テキスト(大島三七子)作者紹介用写真 桜並木トンネル

避難後、古布を裂き、それを横糸にして織る「裂織」(サキオリ)と出会いました。震災前に撮影していた富岡町の風景や植物などをテーマに…

続きを読む

岡田 正巳(双葉町出身、日立市在住)

双葉町では働きながら、子供たちを集めてボランティアで書道教室を開いていました。健康には気をつけていて…

続きを読む

志賀 操(大熊町出身、水戸市在住)

二週間ごと整形へ膝の注射で行っています。待ち合い所に流れる音楽(曲)が前に見たテレビドラマの主題歌に似ていたので…

続きを読む

髙瀬 勝正・志村 理加(双葉町出身)

作者Aは、双葉町旧広町住宅に妻と2人で暮らしていました。作者Bは、結婚後、双葉町旧前田団地で暮らしていました。

続きを読む

中西 節子(浪江町出身、ひたちなか市在住)

最近は家の近くの編み物教室に通っています。仲間とおしゃべりしながら楽しく編んでいます。

続きを読む

松本貞義・ヤス(双葉町出身、美浦村在住)

田んぼや畑、庭木など豊かな自然に恵まれ、買い物にも便利なところで暮らしています。茨城に来てからクラフトテープのかごや…

続きを読む

八幡 万里子(浪江町出身、北茨城市在住)

月に1回、集まって縫物などをする「ちくちくきさら会」を開いています。作ってみたい作品、教えてくれる人、一緒に作る友人…

続きを読む

吉田 安子(大熊町出身、つくば市在住)

絵を描いたり、物づくりが好きです。特に花が好きで、小さい絵や刺繍の作品が多いです。7人家族で…

続きを読む

椀台 俊夫(浪江町出身、土浦市在住)

茨城、土浦に移り住んで7年。多くの方々と知り合い、高齢者クラブ等も立ち上げ、日々楽しく過ごしています。書道教室も…

続きを読む