茨城県社会福祉協議会(通称「県社協」)では、地域の人々や機関・団体との連携を図り、誰もが人として尊厳を持って、住み慣れた家庭や地域の中で、その人らしく自立し、社会参加を行いながら、安心して暮らせる福祉社会づくりに取り組んでいます。

MENU

はんどちゃんネットワーク運動とは

はんどちゃんネットワーク運動とは

はんどちゃんデザイン集はこちら

福祉コミュニティづくり県民運動

県民の皆さんが、安心して暮らせるコミュニティについて主体的に考え、それにより恒久的な課題で ある「安心して暮らせるコミュニティづくり」が確実に進められることを期待して、平成8年に「福祉コミュニティづくり県民運動」の推進構想が生まれまし た。この県民運動は「いつでも どこでも 誰もが安心して暮らせる福祉コミュニティ」を、福祉活動の基盤として形成することをめざして、県内市町村社会福 祉協議会、関係機関・団体、福祉施設、企業などに協力をいただき、県民総ぐるみで推進しようとするものです。福祉コミュニティを作るためには、いろいろな 角度からの取り組みが必要です。その一つの方法が「はんどちゃんネットワーク運動」なのです。

はんどちゃんネットワーク運動

「はんどちゃんネットワーク運動」は、福祉コミュニティづくりに共感する方々を中心に、地域の生活課題を「みんなの問題」として共有化し、その解決のための活動を身近な地域や団体から茨城県全体に拡げ、県内を心のかよう「あったかコミュニティ」にしていくもので、平成10年から開始しました。

平成30年からは「第3期はんどちゃんネットワーク運動」として、「みんなの幸せ」を作ることを目指し、さらなる福祉コミュニティづくりを推進してまいります。

はんどちゃんネットワーク運動のパンフレットはこちら

はんどちゃんネットワーク運動が目指す「みんなの幸せ」とは

「”豊かな暮らし”を手に入れる」ことなど、みんながそれぞれの「自分の幸せ」を求めてきました。
一方、社会との繋がりを失いつつある私たちは、未曾有の対災害「東日本大震災」を体験し、他人(ヒト)の優しさに触れ、
他人(ヒト)の支援を受け、自分(ヒト)と他人(ヒト)とが助け合い・支え合う生活を経験し、自分(ヒト)はひとりでは生きて
いけないことがわかりました。
そして、ヒトが求める幸せな生活とは、「自分の幸せ」に加え、私たち地域のみんながつながり“こころ豊か”に楽しく生活
すること
、であると気づきました。

「サロン」でつながったみんなが幸せになる

地域でこころ豊かに暮らすためには、地域のみんなが集い、自分の存在を互いに認めあう仲間として一緒に行動する、
居心地の良い居場所としての「サロン」が、大変重要であることがこれまでの活動からわかりました。
地域のみんなが楽しさを感じる「サロン」は、自分の、そして地域の幸せづくりに大切な活動だと考えます。

第3期運動が目指すサロン活動

「地域交流型サロン」(通称:ふれあいサロン)

第2期運動で推奨した「地域交流型のサロン」は、どこでも、だれでも、簡単に始められ、無理せず、できる範囲でつながりづくりを進められることから、その素晴らしさを多くのみなさんに実感していただいています。こうした、身近な範囲で幸せを感じる「サロン」づくりを、
地域交流型はんどちゃんサロン」【通称:ふれあいサロン】
として、第3期運動では応援していきます。

「ご近所助け合い型サロン」(通称:絆サロン)

少子・高齢化の進行による家族形態の変化や、経済情勢による生活への影響など、生活・福祉問題が複雑・多様化する現代にあって、助け合い・支え合う福祉活動に、生活する身近な範囲で取り組む、ということが改めて見直されています。
このように、今まで進めてきた「地域交流型」の役割から一歩進んだ特徴を持つ
特定の生活・福祉課題の解決に住民主体で取り組むご近所助け合い型サロン通称:絆サロン】
の活動を応援することで、地域のみんなが楽しくより幸せを実感する地域づくりが進み、住民同士の絆が深まるものと考えます。

 

はんどちゃんネットワーク運動のキャッチコピー

はんどちゃんネットワーク運動を、これまで以上に多くの方々に知っていただくために、キャッチコピーを作成しています。
福祉コミュニティづくりのキャラクター「はんどちゃん」をぜひご活用ください。

キャッチコピー
「みんなの手で地域をつくろう」

キャッチコピー「みんなの手で地域をつくろう」

はんどちゃんのデザイン

「はんどちゃん」は、「福祉コミュニティづくり県民運動」のキャラクターとして、茨城県社協、茨城県内の 市町村社協などを中心に、様々な場面で活用されています。今後「第2次はんどちゃんネットワーク運動」が、「サロン」を柱とした福祉コミュニティづくりを 推進していくことに合わせ、多くのデザインを取り入れることで、これまで以上に「はんどちゃん」をより身近なキャラクターとしてご活用いただくため、はん どちゃんデザイン集を作成いたしました。地域や職場などのパンフレット、資料、名刺、封筒などへの幅広いご活用を期待いたします。

はんどちゃんのプロフィール

出身地
茨城県
所属
社会福祉法人 茨城県社会福祉協議会、はんどちゃん運動推進委員会
生年月日
平成9年6月2日 (丑年生まれ、ふたご座)
性別
見た目どおり
血液型
まだ献血したことがないのでわかりません。なにせ腕が細いもので…
誕生
平成8年度に福祉コミュニティづくり県民運動の一環として、福祉キャラクターを募集したところ、全国各地から418点の応募がありました。選考の結果、大阪在住、当時26歳の主婦の方が応募した「はんどちゃん」が採用されることになりました。
作者の応募時のデザインコンセプト 手をモチーフにゆとりとやすらぎを感じるような、柔らかい印象を持つキャラクターとして作成。福祉は一人ひとりの愛の手から生まれると思うことから、みんながそういう心になってほしいと思い、中央に小さなハートを入れ表現しました。

「たまり場の詩」を作りました

本会と「茨城のたまり場ネット」が協働して、「たまり場の詩♪」を作成しました。
原詩は、元茨城大学准教授の長谷川幸介先生です。

長谷川先生がたまり場(サロン)の詩を書かれ、その詩に曲をつけて「たまり場の詩♪」として、このたび完成しました。
みんなが元気で笑顔になるような素敵な曲です。ぜひ視聴してみてください。

地域福祉関連活動

地域福祉関連活動