Block Start

大島三七子(富岡町出身、守谷市在住)

避難後、古布を裂き、それを横糸にして織る「裂織」(サキオリ)と出会いました。震災前に撮影していた富岡町の風景や植物などをテーマにダンボールを織機にして、作品を制作しています。最近は、お世話になっている茨城県内の植物なども、感謝を込めて織っています。

 

Block End
Block Start

裂織「夜の森桜並木トンネル~春~」

W198cm×H160cm、約50cm四方の織布を12枚接いだ古里の桜並木です。桜で染めた、ハンカチの端布で織りました。

Block End
Block Start

裂織「希望」

ひまわりの根から放射能が吸い上げられるという。古里の休耕田に咲く、希望の花です。青い空は、富岡町とつながっているんだと思いながら織りました。

Block End
Block Start

裂織「秋彩」

桜で有名な富岡町夜の森公園ですが、秋には見事な紅葉の名所でもあります。

Block End
Block Start

裂織「宝泉寺の春」

富岡町の中心に位置する「宝泉寺」は別名「花の寺」ともいわれています。ベニシダレザクラと水仙が4月上旬に咲き乱れる様は、心いやされます。

Block End
Block Start

裂織「輝映」

守谷市の「ふれあい道路」の街路樹はイチョウです。11月には、黄色のジュウタンのように落葉が広がります。

Block End
Block Start

裂織「華映」

 

日本全国、桜はどこにでも咲いています。守谷市内の公園や街路樹にも桜があります。桜で染めた古布で桜の花を織りました。

Block End
Block Start

裂織「青荷」

避難して6年半後に、初孫が生まれました。ちょうど初めて買った熱帯水蓮の青い花が咲いたので、記念に織りました。

Block End
Block Start

裂織「集」

裂織を通じて、全国の裂織作家の皆さんと知り合うことが出来ました。裂織布の残布を頂き、ハスの果托に散りばめました。裂織を愛する心が集まった作品です。

Block End